TakahiroNakano
icon08photo

8mmフィルムの規格

 8mmはアマチュア向けのリーズナブルなフォーマットとして開発されたものです。16mmフィルムを半分に切って8mmとなりました。
 最初の8mmは、Kodakが出したRegular 8です。ダブル8と呼ばれることが多いです。フィルム幅は16mm、パーフォレーションは16mmフィルムと同じ大きさ、半分のピッチで開いています。25feetのスプール巻きです。片側を撮影した後、ひっくり返して装填し、もう片側を撮影します。現像後半分に切断され、50feetとなり帰って来ました。独自のカートリッジに入れて扱いやすくしたカメラもありました。標準スピードは当時の16mmと同じ16fpsです。

 1965年に発売されたのが、KodakのSuper 8、FUJIのSingle-8です。幅8mmのフィルムが50feet、誰にでも扱えるカートリッジに入れられました。ダブル8ではパーフォレーションが16mmと同サイズだったため、フィルム幅に対して画面面積は効率の良いものではありませんでした。Type Sでは新たな規格となり、画面面積は50パーセントも大きくなりました。さらに標準スピードは18fpsになりました。初期の映写機の多くはType R、Type Sの2つに対応し、切り替えレバーを持っていました。
 Super 8とSingle-8ではカートリッジの形が違うので、それぞれのカメラを使用します。パーフォレーションや画面等の規格は同じなので、映写機は共通です。ただし、Super 8がトリアセテートベース、Single-8がポリエスターベースで、フィルムベースの厚さが違います。ごく一部の機種を除き、映写機のプレッシャープレートはエマルジョン側にあります。ということは映写中にピントがずれてしまうので、Super 8とSingle-8を混ぜてつなぐことはさけた方が良いです。
 Super 8は、後にDouble Super 8が発売されました。日本ではダブルランスーパーと呼ばれています。これはまた16mm幅になり、16mmの100feetスプールと同じものに巻かれています。現像後切断され、200feetのSuper 8フィルムになるのです。少数の対応カメラがありました。

 現在普通に販売されているものは、Super 8とSingle-8です。