TakahiroNakano
icon08photo

8mmカメラの撮影速度

 Super 8、Single-8の標準スピードは18fpsです。レギュラー8の時代は16fpsでした。サウンドカメラには24fpsがあるものが多いですが、これは音質を良くするためでした。たいていの映写機には18fpsと24fpsの切替があります。
 8mmの魅力の1つが、撮影時に自由にコマを選べることでしょう。6fpsや9fpsといったコマ落としや、36fps以上のスローモーションが出来るカメラもあります。一般向けに発売された機種の最高速は、Super 8がBeaulieuの80fps、Single-8がZC1000の72fpsです。業務用のSuper 8はハイスピードカメラがあったそうです。また、コマを変える方式も、通常のコマ設定ダイアルで変える他、ボタン1つでスローモーションになる、インスタントスローモーション機能を持っているカメラも多くあります。Super 8では多くの機種がこの方式です。絞りも自動的に補正してくれるので、18fpsで撮影していて途中でスロー、また18fpsに戻る、といった撮影が出来ます。若干絞りがシンクロしなかったりしますが、十分楽しい機能です。

いろいろなインスタントスローモーション

 コマ撮りが簡単に出来るのも面白いです。インターバルタイマーが付いていると、意味も無く雲など撮ってしまいます。後で見ても雲が流れているだけですけどね。ケーブルレリーズ使用時のみコマ撮りが出来るカメラもあります。分かりやすく「1」とか書いてあればいいのですが、何も書いていない機種も多いのです。ボディの横とか上とかヘンなところにあるレリーズソケットは、だいたいコマ撮り用です。

いろいろなコマ撮り用レリーズソケット