TakahiroNakano
icon08photo

Canon 814E 露出計マニュアル不良の修理。 Manual iris function repair.

 Canon 814 AUTO ZOOM ELECTRONIC、略して814E、好きなカメラです。絞りがおかしいので修理出来ないかという依頼があったので預かってみました。見てみると、オートは動いています。マニュアルでも一応動きます。でもF8~11くらいまでしかいきません。手を離すとゆっくりF4~5.6くらいまで戻ってしまいます。以前違う故障を直したことはあったのですが、これは初めて見る症状でした。なんだかよく分からないですが、とりあえず開けてみました。
 Canon 814 AUTO ZOOM ELECTRONIC(814E), I like this. The friend asked me for the repair because the manual iris was strange. The auto is Ok. The manual seems to move. However, it moves only to F8~11. And, it slowly returns to F4~5.6 when the hand is separated.


 作られた時期によって違うのでしょうが、ズームリングをずらさないとトップカバーがはずせないものがあります。ずらさなくても大丈夫なものもあります。ずらす場合はまずズームレバーを回してはずします。ゴムをずらすと2本ネジがあるので、それもはずします。そしてズームリングを前にずらしておきます。
 他のカメラでは前玉をはずさないとバラせないものもあるので、それに比べれば楽にバラせるほうです。

 Shape might be slightly different depending on the time that has been made. If the zoom ring is not moved, a top cover might not be able to be removed. It might be not so. The zoom lever is first turned and it removes when moving it. It is removed because there are two screws when rubber is moved. And, the zoom ring is moved to previous.


 接眼レンズを回すと、ここからネジが見えます。そのネジをはずすと接眼レンズがはずれます。はずさなくてもいいかもしれませんが、どうせ掃除するのではずしてしまいました。
 ボディカバーを留めているネジには小さいワッシャーが付いています。細かいですねぇ。感心してしまいました。

 When the eyepiece is turned, the screw is seen here. The eyepiece comes off when the screw is removed. Whether may I remove or not? However, because the eyepiece is cleaned, it has removed.
 There is a small washer in the screw of the body cover.


 上部カバーをはずしたところです。
 モルトプレーンがすごいことになってます。これは全部張り替えです。

 An upper cover was removed.
 A black sponge is terrible. It is necessary to repaper everything to this.


 サイドカバーをはずすために底のネジをはずします。
 前側2本をはずすとシャッターレバーの部分のカバーがはずれます。するとレンズ下にもネジがあるので、それもはずします。

 To remove the side cover, the screw of the bottom is removed.
 The cover of the part of the shutter lever comes off when 2 front side is removed.
  Then, it is removed because there is a screw also under the lens.


 ここにもネジがあります。

 The screws is here.


 シャッター開角度のダイアルは、横の2本のイモネジを緩めるだけではずせます。

 The dial of the shutter angle can be removed only by loosening two screws on side.


 パカっと開きました。
 この頃のカメラはしっかりした作りですね。

 It opened.
 An old camera is a solid making.


 試しに動かしてみましたが、症状は変わりません。分かったことは、ぎゅっと引っ張るときちんとマニュアルで絞りが動かせる、ということでした。隙間から見てみると、どうもマニュアル時にダイアルが滑っているようです。
 さて、そこにどうやってアクセスするか、しばらく悩みました。

 The manual iris was Ok when making efforts and pulling it.
 The dial seems to slip when seeing from the space.
 Well, how it accessed there worried for a while.


 ハンダをはずしていかないとダメかなぁとも思ったのですが、写真の部分のネジをはずすだけでなんとかなりました。うえの方のはバネがかかっているので、飛ばさないように注意です。

 Solder was not removed.
 The screw in the photo was removed.
 It is attention for the spring so as not to fly.


 そっと持ち上げていきます。機械的にリンクしている部分があるので覚えておきます。コードに限界があるのであまり持ち上げることが出来ません。こんな状態で接点を留めている2本のネジをはずしてやらなくてはいけません。ネジを落とさないように細心の注意です。

 It lifts quietly. I will remember structuring. Because the length of the wire is short, it is not possible to lift so much. Two screws that stop the point of contact are removed. It is necessary to note it very much so as not to drop the screw.


 無事はずせました。
 ゴムが劣化してネトネトになっています。

 It was possible to remove safely.
 There is melting rubber.


 簡単に描くとこういうことになっています。
 黒い部分がゴムで、黄色い部分が金属です。金属部分の面にはギザギザが掘ってあります。
 マニュアル時はこの摩擦で動かしているのですね。
 実際はもう少し複雑な作りで、絞りやファインダー内の表示の針を動かす機構とリンクしています。そこにバネのある部分があります。で、ゴムが劣化して滑ってしまい、バネの力に負けていたようです。ぎゅっと引っ張るとかろうじて動かせていたのでした。
 もっと劣化すると、たぶん全然動かせなくなると思います。

 It is easy figure.
 The black is rubber, and yellow is a metal. There is a ditch on a metallic side.
 The manual iris is moved by rubbing rubber and the metal.
 The thing is complex a little more. There is a mechanism that moves the needle in the iris and the viewfinder. There is a spring there. Because rubber had melted, it was defeated at the power of the spring.
 I think that it becomes impossible to move at all when deteriorated more.


 ねばーっとしてます。
 ゴムの劣化って、硬化しているのと溶けているのがありますが、この溶けているのがほんとにイヤですね...。手に付くとなかなか取れなくて最悪です。
 CHINONのカメラはゴムがこうなってしまってるのが多いです。
 Canonは硬化していることが多かった気がします。

 It is a sticky paste.
 Rubber melts or becomes hard. Melting is truly unpleasant. It is not possible to take it easily when touching. It is a nightmare.
 Rubber of CHINON often melts.
 Canon thinks that it had often stiffened.


 きれいに掃除します。
 で、代わりの部品をどうしよう...。

 Beautifully cleans it.
 I thinks about parts of taking the place.


 それらしい部品を作りました。
 やっぱりゴムです。
 またそのうち劣化してしまうのでしょうが、まあ、ずっと先の話です。

 I made parts.
 It is rubber.
 After several decades, let's change it again.


 緩いとまた滑ってしまいそうで、若干きつめにしてみました。動かしてみるとかなり良さそうです。

 I made tight. It seems to move and to be good.


 組み直します。
 ここでネジを落とすと最悪なので慎重に...。

 It is assembly.
 Because it is a nightmare when the screw is dropped, it is careful.


 完成! ばっちりです。

 うちの814Eはみんな大丈夫なのですが、そのうちこうなってしまうのでしょう。オートで使う分にはいいのですけどね。
 まあ、ゴム部分の劣化はさけられない運命です。

 Completion!
 All 814E might become it so. Though the auto iris is safe.
 As for deterioration in rubber, it is destined not to be avoided.