TakahiroNakano
icon08photo

Canon 814XL コマ速ダイアルの修理 その2。 "fps" dial repair 2.

 814XLを修理のために預かりました。コマ速のダイアルをどこにしてもコマ撮りしかできません。先日までは正常だったそうです。壊れる場所は決まってますね...。
 今回は分解方法を載せておきます。
 I received it to repair 814XL. It is possible only to single frame. It seems to have been normal until the other day. The breaking place is decided.
 The disassembly photos is put this time.


 トップカバーを外します。
 見えるネジはここと、

 A top cover is removed.
 The seen screw : here,


 ここ。
 小さなワッシャーがあるのでなくさないように。

 And here.
 It is noted not to lose a small washer.


 ここにネジが隠れてます。

 The screw is hidden here.


 ここにも。

 And here.


 こいつも外します。

 This is removed.


 これでトップカバーが外れるのですが、ちょっとコツがいります。
 ズームの「W」を押しながら前の方を持ち上げます。

 The knack is needed for a moment though a top cover comes off by this.
 It lifts forward while pushing "W" of the zoom.


 このように外れます。

 It comes off like this.


 サイドはシャッター開角度のダイアル、アイリスのダイアルを外します。

 The dial of the shutter angle and the dial of the iris are removed.


 下は赤矢印のねじをはずします。青矢印はちょっと緩めるだけでOK。
 シャッターレバーのカバーをはずします。

 The screw of a red arrow is removed. A blue arrow is only loosened for a moment.
 The cover of the release lever is removed.


 このネジをはずします。

 This screw is removed.


 これも。

 And this.


 サイドカバーがはずれました。

 電池チェックのボタン、なくさないように。
 組み立てるときも忘れがちな部品です。
 サイドカバーにテープで貼っておくと楽です。
 
 The side cover came off.

 Do not lose the button of the battery check.
 They are parts that tend to be forgotten when assembling it.
 It is easy when pasting it to the side cover with the tape.


 ここのハンダをはずします。

 These solders are removed.


 これでひっくり返せます。

 It is possible to upset it.


 こんな風にプラスチックのピンで留めてあります。

 It is stopped it with a plastic pin in this way.


 ピンを抜いて爪を外すのですが、この爪が脆いのでたいてい折れてしまいます。

 It withdraws a pin and a plastic dial is removed. It breaks mostly because a plastic dial is fragile.


 で、このダイアルを補修して付け直します。

 This dial is repaired by effort.


 組み直すときの注意ポイントです。
 ストロボ端子のコンタクト部分をうまいことはめてやらなくてはいけません。非常にはめづらいです。これをはめなくてもサイドカバーは付いてしまうのですが、その場合ストロボ端子は働かなくなってしまいます。まあ、使うこともないと思うのですが、きちんと組み立ててあげましょう。

 It is an attention point when assembling.
 It is necessary to fix the contact part of the flash terminal. It is not easy to fix it very much. In that case, the flash terminal doesn't work though the side cover adheres even if this is not fixed. Oh dear, I will assemble it neatly though it is not thought that it uses it.