TakahiroNakano
icon08photo

CHINON 30 R XL 絞り不調の原因は異物混入

 CHINONのコンパクトなサウンドカメラです。OEMでBAUERからも出ています。露出計はオートのみですが、逆光補正とプラスマイナスの微調整が出来るのが良心的です。この個体は絞りが11から16くらいの間で僅かにしか動かない、という状態でした。
 It is a compact sound camera of CHINON. OEM is done to BAUER. There is no manual iris. However, it is good that there are backlighting compensation and a plus or minus fine-tuning. This was a breakdown that the iris moved only slightly between like F11~16.


 まず上面をはずします。

 An upper cover is removed.


 レンズ下のカバーをはずします。

 The cover under the lens is removed.


 ここの2つのネジもはずします。

 2 screws here are removed.

 


 あとは底の2本のネジをはずすくらいで、側面カバーははずれます。
 こっち側から見ても不調の原因はよく分かりませんでした。
 絞りを手動で動かすことは出来ますが、なんか引っかかっている感じです。

 The side cover comes off when two screws of the bottom are removed.
 The cause has not been understood well though it sees hither.
 It is caught feeling of something in the iris unit.


 右側のカバーもはずします。
 フィルター切替のスイッチの部分、ここにネジが1つ隠れています。

 The cover of the right side is removed.
 One screw is hidden in the part of the filter switch.


 見やすくなりました。
 露出計自体は僅かに動いています。
 何が問題なのだろうと目を凝らしてみると...

 It came to see it well.
 The exposure meter moves slightly.
 When seeing hard when might the problem what...


 なんと!
 ホチキスの針が出てきました!
 これが絞りを動かすモーターの磁石部分にくっつき、悪さをしていたのでした。
 取り除いただけで復活です。
 しかし、なぜこんなものがこんなところに!?

 What thing!
 The needle of the stapler came out!
 This stuck to the magnet part of the iris unit and disturbed.
 I was recovered just to have removed it.
 Why such thing in such a place!?


 電動ズームのモーターにも1つ、くっついていました。
 うーん、いったいどこからどうやって入り込んだのでしょう。

 Another stuck to the motor of an electric zoom.
 Where did these come?