TakahiroNakano
icon08photo

ELMO 8S-800 レンズの調整。 Zoom lens repair.

 ズームすると、手動でも電動でもガガガと小刻みに画が揺れてしまうのが気になって、バラしてみました。ピントリングもスカスカだったのでグリス塗り直しです。
 The picture jiggles when zooming. The grease of the zoom ring and the focus ring was substituted.


 レンズを留めているネジが頑固で、ナメてしまいそうで苦労しました。

 I had a hard time because the screw that fixed the lens was obstinate.


 このカメラは奇麗にレイアウトされてるなぁと思います。

 I think the mechanism of this camera to be laid out beautifully.


 反対側も。

 The other side also.


 こちら側のボディカバーをはずすときはファインダー接眼部もはずすのですが、ネジ式になっています。2段階のネジになっていて、くるくる回して、ひっぱってからまた回します。

 When the body cover on the part of here is removed, the eyepiece is removed. It is a screw in 2 stages. It turns, it pulls, and it turns.


 単純にヘリコイドのグリス切れだろうと思っていたのですが...

 I thought only that grease became stiff.
 However,


 一カ所、ガイドのピンが無いのです。はじめから無かったのか、誰かがバラして付け忘れたのか!?
 これは精度を出して作るのは難しそうです。適当なものでは意味が無いし...。ネジにゴムチューブ巻いたものでも代用できるかなと思ったりしたのですが、試しに硬めのヘリコイドグリスにしてみると、なんだかいい具合になりました。というわけで、このピンのことは忘れてしまいます。

 I think one guide pin is insufficient. Was not it from the beginning or did anyone forget to put it?
 It seems to be difficult to make this part. Accuracy is requested. When hard grease was spread, it became a good condition. Thus, I will not think about this pin.


 簡単にはずせるところは掃除しておきます。中玉のちょっとしたカビは...まぁ、そのままでいいかと...

 The place in which it can remove easily is cleaned. The fungus slightly remains...


 レンズをはずしたボディを前から覗いたところです。
 下に伸びているのが測光用のプリズムですね。ファインダー分光のプリズムもカビ痕が目立ちますが...まぁ、しようがないでしょう。

 It is a body that removes the lens.
 The long and slender one is a prism for photometer. Fungus stands out as for the prism of the viewfinder. I cleans it as much as possible.


 レンズをはずした後は、バックフォーカスを合わせたりパララックスを修正したりと、地道な作業が続きます。

 ピントもズームもいい感触になり、ファインダーもすっきりしたのでひとまずOKとします。

 Work that matches the back focus, corrects the parallax, and is troublesome continues.

Because it becomes a feeling with a good focus and zoom, and the finder was also refreshing, it is assumed OK for the time being.