TakahiroNakano
icon08photo

FUJICA Z600,700,800 露出計マニュアル不良の治し方。 Manual iris function repair.

 オートはOKでマニュアル不良というものがありました。EEダイアル部分をはずして手でギアを動かすと大丈夫なのですが、組み直すとまた動かなくなってしまいます。これはちょっと面倒です。前面カバーをはずさないと作業出来ません。
 It is Z800 that breaks down the manual iris. This is troublesome for a moment. It is not possible to work if the front bezel is not removed.


 あちこちはずします。
 フォーカスリング、ズームリング、ネームプレート、クランク軸のカバーをはずします。EEダイアルははずさなくてもOKです。

 Here and there, it removes.
 The cover of the focus ring, the zoom ring, the nameplate, and the crankshaft is removed. The EE dial need not be removed.


 シャッター開角度のダイアル、[R][1][RC]切替のレバーもはずします。

 The dial of the angle of the shutter and "R" "1" "RC" switch lever are removed.


 前面カバーがスポっとはずれました。

 The front bezel came off.


 緑の矢印部分にファインダー内にある絞りの指針があります。ここに触らないよう、要注意です。

 赤矢印の部分、ギアに付いているのがゴムの筒なのですが、これの劣化が原因でした。

 There is an indicator of "F Stop" that exists in the finder in a green arrow part. It is a caution needed here...not touching...

 The part of a red arrow is a rubber cylinder. It did due to this deterioration.


 ちょっと見づらいですが...

 青矢印の部分の板が、絞り羽根につながっています。
 左の写真は露出オートの状態で、ゴム筒と絞り羽根は離れています。

 Though it is a photo not understood easily.

 The board in the part of a blue arrow is connected with the iris.
 The rubber cylinder and the iris are away from this photo.


 EEダイアルを引き出すとゴム筒が絞り羽根を押さえます。これでEEロックです。で、ダイアルを回すとゴム筒が絞り羽根を動かすわけです。

 When the EE dial is pulled, the rubber cylinder holds the iris. It is EE lock by this. When the dial is turned, the rubber cylinder moves the iris
.


 上から見たところです。
 オートの状態です。

 The camera was seen on.
 It is an auto.


 EEロック、マニュアルの状態です。

 It is EE lock, and a manual.


 さて、このゴムをどうやってはずすか...
 ギヤのユニットをうまいことはずさないといけないのですが...
 慎重かつ大胆にやってしまいます。

 By the way, how do you take off this rubber?
 I do it carefully and boldly.


 はずしたゴム筒です。特に接着はされていませんでした。
 よく見ると溝状に削れています。それでスリップして絞り羽根を動かすことが出来なかったようです。でも...この部品が薄い金属板と密着するわけですから、削れて当たり前だよなぁ、と思ったのでした。

 代わりの部品をどうするか。これを作るのは大変そうです。ひっくり返して反対側を使うことにします。

 This is a removed rubber cylinder. Bonding was not done.
 It is cut down like the ditch. And, it seems to have slipped.
 Deterioration in rubber is not to be avoided.
 It is difficult to make this.
 It turns inside out and the other side will be used.


 ひっくり返してはめたのですが、どうも緩い感じがしたので、ギアとゴム筒を両面テープを貼りました。動かしてみるといい感じです。

 無事直りました。

 It slips even if rubber is turned inside out.
 The gear and rubber were pasted and the double-faced tape was pasted.
 It is a condition good when moving it.
 It was safely repaired.


 上から見た図です。

 ゴム筒の付いているユニットは実は3つギアの組み合わせになっていて、テコのように動くようになっています。
 黄色の長い2本が露出計のスイッチ板を表しています。
 その上の市松模様はモルトプレーンです。
 右側の青い線は絞り羽根とつながっている板です。

 オートの時は、EEダイアルに付いているギアが露出計のスイッチとゴム筒ユニットを押しています。ゴム筒と絞り羽根は離れています。

 EEダイアルを引き出すと、ゴム筒ユニットはバネの力で絞り羽根に密着します。

  This is figure seen from the upper part.

 The gear becomes three combinations, and moves like the lever.
 Yellow, long two is a switch board of the exposure meter.
 The checker is a sponge.
 A blue line is a board connected with the iris.

 At the auto, the gear that has placed to the EE dial pushes the switch and the rubber cylinder unit of the exposure meter.
 The rubber cylinder and the iris are away.

 The rubber cylinder unit sticks to the iris by the power of the spring when the EE dial is pulled.