TakahiroNakano
icon08photo

minolta D12 絞りオート修理。 Auto iris repair.

 ミノルタの高級機、D12です。古い時代のカメラなので露出計がダメなものが結構あります。たいていは可変抵抗の劣化だったり接触不良だったりするのですが、面倒なものもありました。
 D12 is a high-end camera of Minolta. There is considerably the one with a not good exposure meter because it is a camera of the antiquity.It is most deterioration are loose connection of variable resistance. However, there was the troublesome one.


 初期のカメラなのでとてもシンプルな電気系統です。ほとんどの機能が機械仕掛けです。フェードやオーバーラップのからくり仕掛けは感動ものです。全体的なつくりもとてもしっかりしています。
 ただ、この機種のパララックスの調整は非常に難しいと思います。あまりいい構造とは思えないのですが...

 It is a very simple electrical system. Most functions are setting of the machine. The mechanism beginning of the fade and the overlap is impressed the one. The overall making is very steady.
 However, I think that the adjustment of the parallax of this model is very difficult. What is a too good structure though cannot think?


 ここの可変抵抗を動かすだけで復活する場合があります。それで調整出来ればここまで分解することもないのですが...

 It is likely to recover only by moving variable resistance here. And, though it is lucky if it is possible to adjust it...


 ここまでバラバラになりました...

 まあ、ついでにあちこち掃除してフィルターも取り替えます。

 Disassemble...

 I clean it here and there and change the filter incidentally.


 どうやっても復活しない絞りユニットを取り出しました。
 マニュアルでは問題なく動くのですが。

 I took out the iris unit that did not revive how.
 It moves with the manual...


 裏側を見てみると、なんと、黒いコードがはずれてました。
 単なる断線が原因だったのです。
 ハンダ付けすると見事復活しました。
 しかし、どうしてこんなところが断線したのか!? 謎です。

 What a black cord came off when I watched the backside.
 It was caused by simple disconnection.
 It revived wonderfully when I soldered it.
 However, why was such a place disconnection? Mystery.